萩原の機械設計

萩原は生産設備から自社製作を行うモノづくりに対する“こだわり”の強いメーカーです。
機械設計の担当部署であるテクニカルセンターでは自社の樹脂加工工場が設立された1998年より
社内外の機械設計および製作を行っております。
押出成形に用いる金型やスクリュー、電気の制御盤に至るまで自社設計・製作を行うことにより、お客様のニーズにお応えできる範囲を拡大し、
スピード感を持った生産体制を構築しています。
長年培った設計・製作技術で『不可能』を『可能』にし、唯一無二のモノづくりを行っています。