萩原の店舗開発

萩原の店舗開発

「もっとここちよく、もっとリラックス」をコンセプトに開発されたクッション、ルームシューズの専門店「はぎもの舎」を自社開発しています(2018年12月現在浅草と広島の2店舗)。

萩原株式会社の創業から126年の歴史の中で培った知見と経験を生かして開発された“ふわもち感”溢れるスーパーソフトクッション材「ソフティル®」を用いたクッション、ルームシューズが創りだす世界観、ここちよさ、リラックス感を体感できる創意工夫を施した売り場をデザインしています。

「はぎもの舎」は真のSPA(製造小売業)、つまり、自社開発したユニークな素材を倉敷の自社工場にて製造し、自社店舗で販売するという、ふたつとないスタイルのショップです。

店舗開発は、自社の企画開発室、商品部、未来開拓室が連携して、横断型で結成されたプロジェクトチームが担当し多店舗化を目指しています。

はぎもの舎のサイトはこちらからご覧ください。

 

萩原株式会社は岡山・倉敷にて、い草、籐(ラタン)、アバカの自然素材製品をはじめ、オリジナル家具の企画、販売を行っています。